K's anatomy


~趣味と犬ののほほんブログ~
by rifimi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

基本はノーリード~犬編~

『ミッシェル』の故郷『オランダ』を訪ねたものの

とうとう1匹のコーイケルホンディエに会う事もできず

見かける事もなく、旅を終えました008.gif


アムステルダムの旧市街は世界一背の高い国民が、
小さな間口を入っていく・・・そういわれるような住宅事情のせいか


この「女王の日」前後、犬もほとんど見かけません。

『犬みかけないけれど、飼っているのかしら??』

『いるのはいるけど、小さい犬が多いですね。』

『女王の日が近いから、散歩させていないのかも。』




こんな状態なので、まったく犬にあえず、

出会うのは、自転車ばかり。。。。


『中央分離帯の広いスペースとか、公園ならいますよ。』
この国の犬の散歩は基本的にノーリードです!

オランダ在住30年の日本人Oさんがおっしゃる。

街のあちらこちらには、
 「リードをつけて散歩しましょう」 
のような絵看板が立っています。

バスの中から目を凝らしていると、犬がいた~。

最初に見かけた犬はアムステルダム新市街。


おやっ、リードつけてるじゃないの。

規則守ってリードつけてるのね。

f0212733_18302339.jpg


たぶん、バゼットハウンドじゃないかしら。
もうお年なのかもね。
でも、やっと犬に会えた喜びはなんともいえないわーー。






しばらく車は走り、あの有名な「キューケンホフ公園」に到着。




f0212733_2011293.jpg


公園ならばたくさんいるはずよね。

チューリップに夢中になっていると、池の向こうに
黒い犬がやってきました。

ラブラドール?いや顔が白っぽいね。

そういっている間に、飼い主は

「のど渇いているの?水のみなさい」

そういうと突然、ワンコはこの緑色の水を

ガブガブっと飲んだのでした。

光合成の進んだ水を。

「この犬、毎日この水を飲むのよ」

そういうと、早足に池を後にしました。


f0212733_18303580.jpg



あっけにとられて、すっかり写真を撮るのを忘れた

ミシェルままは、それから水質調査をしました。


やっぱり、すごい緑色だぞ~~~




公園の温室近くにはこんなかわいい犬がいました。

マルチーズなのか、ウェストハイランドテリアなのか
この手の犬の名前には本当に疎く、白いテリアっぽい犬ということで
写真に収めました。

f0212733_18304631.jpg



考えてみれば、ほとんどの犬が立ち止まってくれません。

犬のペースと人間のペースがうまく調和しているようで、

「飼い主と愛犬の築かれたペースを無理に破っては

いけないんですよ。。。」
そう現地の方が言います。

そうか。むこうで立ち止まってくれるのはいいけど、

「かわいい」とかいって、制止するのはマナー違反てことなのね。


たしかに、ほえている犬なんて公園にはまったくいなかった。。

すごーーーく飼い主との信頼関係が

築かれている気がしました。



そこへ、ゆっくり・ゆっくり歩いてくる犬がおりました。

ペースはゆっくりでも、まなざしは、はるか遠く

決して立ち止まりません。

バーニーズ?いや、ビーグル?

模様はバーニーズだけど、何歳ですか??

の問いに「2歳の女の子よ」

じゃあ、バーニーズのわけないね。

なんとか???いってくれたんだけど、

とうとう聞き取れませんでした。

いったいなんていう犬種だったのでしょう?

f0212733_183105.jpg






さあ、森を抜けるとなにやらガサゴソ・・・・・・

犬か、たぬきか・なんだろうとのぞくと、


色鮮やかな孔雀たち。

f0212733_18312029.jpg





こんな孔雀を見たら、フィガロもミシェルも
ただじゃおかないぞーーーって吠えるし
きっと追いかけるだろうなあー


どうして、この国のワンコは吠えないの?






普通のカフェでお茶をいただいていると、

私の足にぶつかってきた物体がおりました。

急いでシャッターを切れば、こんな犬でした。

この子は、一目散に自転車のあとを追いかけてゆく

ノーリード犬でした。

でも、この犬もなんて犬だろう。

ボクサー?ラブ?ロットワイラー?






f0212733_18321530.jpg







政治の街、ハーグでも犬を見かけることはありませんでした。





翌日のベルギーでは、たくさんのお散歩犬に会いましたよ。



ルーベンスの家周辺では、たくさんのワンちゃんが

散歩を楽しんでいました。


あわてて追いかけましたが、飼い主の歩くペースが早いのなんの。



チワワ?まあ、黒いちっちゃな犬でしたわ。

f0212733_1832375.jpg










このおじさんは、犬に引きずられるように歩いていました。

これは、シーズーですかね?

違う気もする・・・。


f0212733_18325053.jpg









カフェでランチをしているご婦人たちの足元には、

二匹のワンちゃんがおりこうさんに座っていました。


ホワイトテリアもペギニーズもトリミングをしてきたようです。

飼い主さんが手を振ってくれましたよ。



f0212733_1833175.jpg








そのとき、白いモップが歩いてきました。

これが、グレーか白のプーリー

だったのかもしれません。


f0212733_18331273.jpg







気がつくと、犬のお尻がそこにありました。

「ベルジアンシェパードだ!!」
撮った写真はこの通り。
ベルギーでベルジアンのタービュレンに出会えたのでした。

素敵な犬ねーーー。

f0212733_18332696.jpg






そうこうしているうちに、マイペースでいぬが通り過ぎてゆきます。

もう、写真どころではありません。

目に焼き付けておこうーーーっと。



コリーのお尻にも出会う。

f0212733_1835346.jpg




再び、バスに戻ると車窓から景色とともに犬を探します。


これこそ、見覚えのある犬です。

ラブラドールとの遭遇。





f0212733_1835456.jpg







こんな景色の中、お散歩犬には出会えなかったブルージュ。

きっと素敵なお散歩になりそうですよね。

f0212733_18364249.jpg





ブリュッセル最後、出発前の数時間をルイーズ広場で過ごすことになりました。

「プレシャスドッグ」という、犬グッズのお店があると聞いていたからです。


看板犬、フレンチブルドックの「フローちゃん」が出迎えてくれました。


ところが、買い物をした紙袋を見るなり、フローちゃんは店外へと

脱走を図ったのです。



せっかくの記念撮影はお預けに・・・




オーナーさんが、笑いながら、

「どういうわけかわからないけれど、大きなバックを持った人と、紙袋を見ると

脱走するの」

「脱走と言ってもほんの10メートル以内だけどね」


愛嬌のある女の子。「flower」からとって、名前を「フロー」にしたけど、

とんでもなく大きな「花」になってしまったの。


そんな話をしてくれましたよ。


また、ぜひ訪れたいショップです。今度はフローちゃん

お写真撮らせてくださいね。


f0212733_18371361.jpg


↑ 意外と・・・日本より高値のドッググッズ
 ミシェルの分だけ購入しました(ごめん、フィガロ・リチャード)


さて、日本に戻ってから、ヤンステーンのコーイケルを見直しました。

このポーズならいけるかも!ミシェル!


f0212733_18373988.jpg




「今日は写真はこちらからお願いします」
仕方ないので、この体勢で我慢しました。





f0212733_18375117.jpg



やっぱり、絵の中の犬たちは、コーイケルホンディエに間違いないわ。

今も昔もかわらぬ姿ですね。
by rifimi | 2010-05-21 21:37 |
カテゴリ
最新の記事
元気です!!
at 2015-12-14 18:24
夏、泳ぎ納め
at 2014-09-20 13:54
アーティー、ネッシーになる。
at 2014-09-18 14:04
ストレスとの戦い
at 2014-06-30 22:40
HAPPY BIRTHDAY..
at 2014-03-24 08:50
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
最新のトラックバック
that guy
from that guy
click throug..
from click through ..
diy home ren..
from diy home renov..
from K's anatomy
その他のジャンル
記事ランキング
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧