K's anatomy


~趣味と犬ののほほんブログ~
by rifimi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:コレクション( 4 )

陶芸美術館

木曜日。

用事も早く済んだので、おもいきって陶芸美術館に行くことにしました。。

正式な名称は茨城県立陶芸美術館。

『笠間焼』で有名な笠間市にあります。



今日は天気もよく、山並みがとってもきれいです。

午後のドライブにはもってこいの日となりました。

f0212733_2139539.jpg







北関東自動車道が出来たおかげで家を出てわずか30分で到着です。


この美術館は小高い丘の上にあります。



f0212733_21435994.jpg






今回の目的はこれ、


f0212733_21414480.jpg


北欧の珍しいアンティークの数々を収集されている塩川先生の塩川コレクションを拝見するためです。







f0212733_2205244.jpg




トカゲにナメクジ。かわうそ。蛾。へび。

なんともグロテスクな花瓶やセンターピース。





f0212733_2282842.jpg





少々わたしの収集しているものとは趣が違いますが、コペンハーゲンの別の世界を見ることが出来ました。

そして、北欧のものとそっくりな日本の陶磁器があったことにも驚きがあります。









こうしてゆっくりと・・

ミシェルぱぱと二人、美術館を観賞すること1時間あまり。

実は車の中に待っている方がおりました。






f0212733_22185541.jpg





そうです。

1月のオフ会以来、久しぶりの遠出です。(いや~そんなに遠くないでしょ)







f0212733_22193792.jpg







基本、二人がお出かけのときは、お留守番のミシェル。

平日だからでしょう。犬もいないし、あまり人もいない。

とまどいながら、丘に登ります。



f0212733_222371.jpg








天気はよいのですが、丘の上は風が強くてとてもたっていられません。

それでもミシェルは元気に散策です。



f0212733_22323081.jpg










実はここ、笠間芸術の森公園の一角になっています。


こんな看板があって、



f0212733_22254270.jpg








クラフトヒルズがみえます。



f0212733_22272366.jpg






クラフトヒルズの中に入ると、人間国宝の『松井康生』先生のコーナーが設けられ

f0212733_2230558.jpg










お隣には窯業指導所も併設されています。

f0212733_22543396.jpg










笠間に行くとギャラリーがたくさんあります。

そして、陶芸体験できる窯元が迷うほどあります。






最近、窯元やギャラリー・レストランにはこんな地図がおかれています。




f0212733_22352315.jpg



笠間観光周遊バスのルートマップです。


観光専用バスで1回の乗車100円!!




そしてこの地図、

ウォーキングルートにも最適です。









時間も4時近くなり、深々と冷えてきたので、

今日は『春風萬里荘』を回って帰ることにしました。


f0212733_2240514.jpg






昔ながらの立派な門構えです。


f0212733_22405861.jpg



北大路魯山人の住まいを北鎌倉から移築したそうです。

な~るほど。

ちかくてもいまさらわかることってあるのね~二人と1匹でそんな会話をしながら

帰途に着きました。


見所は4時までに入らないと何処もクローズしていまいます。


こんどは大好きなツツジの季節に来ようね。ミシェル。
by rifimi | 2012-02-02 23:19 | コレクション

よく降ります!!


1/15のリニューアルオープンに頂いたお花たち。
そろそろ見ごろが終わります。

お花に囲まれて幸せな1ヶ月でした。

f0212733_14455098.jpg





ランはまだまだ咲き続きそうです。





さて、今年に入って、庭には雪が積もった日が何日あるでしょう。



去年は2~3回ぐらい。

今年は全国的に多いのかしら?


四国でも25年ぶり?の積雪とか。





どこのお宅でもそうなのでしょうか?

犬は雪が好きです。

とくに新雪の上を興奮状態で走ります。

f0212733_1746454.jpg



f0212733_17472437.jpg



人間も雪景色は格別!!

翌日のアイスバーンはちょっと困る008.gif






日本が寒いころ、私はソウルへ出張。

穏やかな日が戻りつつある日本と並行して、ソウルは暖かい

そんなはずがない。


インチョン(仁川)空港をでたら雪のはず・・・

ところが、ぽっかぽかの暖かな陽気で。

防寒装備ばっちりの私は、暑いのなんの。


お泊りは「新羅ホテル」


f0212733_1950100.jpg



寒くはないといっても、気になるのは吹き溜まりになって居る雪



「先週はマイナス10~15度でそれはそれは寒かったんですよお。」

マイナス15度!!

わお!先週じゃなくて良かった。




ほっとしたところで、

寒いも暑いも関係なく、まずはいつもの「全州中央ビビンパブ」へ直行!


f0212733_1837449.jpg


これこれ!
他のトコとは一味違う、具沢山で味わい深いビビンバをいただく。
ここは、パジョン(チヂミ)も最高!



翌日は、朝から行動。

昨年の痛いような寒さと違って、心地よい風に感じる。

といっても、景福宮の池はこのとおり。


f0212733_1910951.jpg



カチンカチン!

氷の下にはたくさんの鯉がいるんですって。




f0212733_18412632.jpg



これだけソウルに行っていてはじめて「景福宮」を拝見したり、


充実した日でした。



こんな広大な宮殿ももちろん復元されたようで、

豊臣秀吉もずいぶんなことをしでかしたものだと、日本人としては恥ずかしいおもいでした。



毎日行われる衛兵の交代式を見学。

昔はこんな色鮮やかな衣装ではなかったのでしょう。

巨大ビルをバックに異次元の世界を体感できました。




f0212733_18432132.jpg


f0212733_18434123.jpg



一休みに立ち寄ったカフェ。
みんな女子2人でつついているのでつい頼んでしまいました。

スゴイボリューム・・・

f0212733_18455486.jpg


なんてことはない、シナモントーストに甘みの少ない生クリームののったデザート。

意外とさっぱりとしていておいしかったです。




時間のない中、今回はここでお茶してこよう~

そう決めていったのがココ。

f0212733_1849567.jpg




なんだかおしゃれ~でしょう。


 「カフェ74」 
f0212733_1849193.jpg



ケーキとアイスティーを頼んでみました。

日本よりかなりビックサイズ!


f0212733_1849314.jpg



f0212733_18495553.jpg



韓国の有名人やスターがた~くさん来るそうです。

今度は夜、トライしてみたいな。





ソウソウ。

ギャラリアデパートに立ち寄ったら、

「最後の1枚です!」

この言葉に誘惑されて、この方にお土産を買いました。





f0212733_18545232.jpg






どうせなら、着せちゃいましょう。


f0212733_18572533.jpg






ほう~ぴったりねえ。

f0212733_1921918.jpg







ミ「もういいですか?」

f0212733_1923549.jpg



結論・・・・野生児に洋服は似合わない。
by rifimi | 2011-02-15 19:10 | コレクション

奇妙か?おいしいか?


f0212733_15402165.jpg



一足遅れて、 「デルフト焼」がSAL便で到着しましたあ029.gif

一応、テーブルセッティングしてみることに。。。。

実は繊細さには欠ける絵に、あまり興味がなかったはずが
オランダに行けば、「デルフト」でしょう~~

このノリで、結局最低限のセッティングプレートを購入。
(時間があったらもっと買っていたに違いない008.gif


これからの季節、濃いブルーが涼しげに見えてくることでしょう(^^)

さて、ミシェルぱぱは「フェルメール」の「青いターバンの少女」の
ゴブラン織りを購入し、どこに提げるでもなくこんな風に置き去りに。

このゴブラン織り、ゴブラン織りの本場ベルギーで購入したもの。
そして、真ん中の白いレースはイルマおばさんのお店で購入した「ボビンレース」
この大きさで、1ヶ月かかるなんて、緻密な作業ごくろうさまです。

たまたまガラスのチューリップがあったので飾りに。
これは、made in JAPAN  東京ディズニーランド製





そうだ!!

オランダシリーズといえば、この方も入れちゃおう~

 

 ↓  テーブルとともにオランダシリーズの写真なのだ!!


f0212733_15405036.jpg


知ってか知らずか、
「ミシェルーー、そこに座ってー」・・・そういったら素直に椅子へ。

made in Nederland 同じにおいがするのか?



ここのところ

旅行で購入したチョコレート類を、みんなで味見しています。

自分だけで食べたら、膨らむだけなので...

お土産にあげたり、ちょこっとずつチョコレートパーティー。。


5年に1度のきびし~いチェックがある「Warrant Holders of the Court of Belgium」

日本語で言えば、
「ベルギー王室ご用達」

そのご用達チョコレートといえば

「GODIVA」 「MARY」 「Neuhaus」 「Galler」 「Wittamer」



しかし、ピエールマルコリーニやレオニダス
あのラスベガスで鮮烈デビューしたジャン・フィリップ・ダルシーは
ご用達ではなくとも捨てがたいところ。


日本にはまだ上陸していない「GALLEY」は、地元では一番人気だとか。

日本にないものに目のないミシェルママ。

早速購入したのはこちらです。


f0212733_17362048.jpg


その名も「香」

「日本語から命名したのですか?」

そう聞けば、
「そうですよ。こちらにないユズとか抹茶をアレンジしたものです」

日本にないのに、日本のテイスト。

とっても面白い。



f0212733_1740211.jpg



スティックタイプのやわらかいチョコレート6種類。

サフランとかカルダモン、ユズあじだったり。

これを透明容器3種類のトッピングをつけて食べてみると、

あら、不思議!!

風味がかわる・・おいしい。。。。

もっと買ってくれば良かった。

こんな食べ方があるなんて。

ちょっと、新しい感動ーー。

Kalamansiのトッピング、プチプチはじけて2度3度楽しめちゃう。


f0212733_173947100.jpg










こちら日本でおなじみ「GODIVA」


なんと本店では、3つ買うと1つおまけが付いてくる「GODIVA」があります。


f0212733_1654497.jpg




本店はとってもコンパクトなお店。

f0212733_17493669.jpg



外からみても奥が見えてしまうほど。

f0212733_1750098.jpg






「Neuhaus」本店はアーケードのなかにあり、この寒い中、おいしいアイスクリームが
売れていましたよ。


f0212733_1873880.jpg








日本では知られていないチョコレートやさんも、とーーってもおいしい
チョコレートを売っています。


f0212733_1816544.jpg



かわいいキャラクターつきだったり。

f0212733_18371761.jpg



f0212733_18172818.jpg


オレンジピールも最高!!




f0212733_182537.jpg


見ているだけで、幸せだったディスプレー。。。。




f0212733_183496.jpg



この棒つきワッフルが不思議とおいしかったんですう。





f0212733_1841555.jpg


ブルージュのパン屋さんでもワッフルは定番。












じゃあ、これはどうでしょう???

f0212733_18141143.jpg



 ↑ 世界3大がっかり像に出会ったミシェルままは、

やっぱり裸でしょう!
どうしても小便小僧「ジュリアン君」が欲しくって、これを買ったのです。

毒々しい。。きれい。。。。これなに???
食べられるの・・?気持ち悪い。。。


意見は分かれましたが、お味はおいしかったです。

オレンジ色はオレンジの味。
青色はペパーミント味。

みんなちゃーーーんと計算されていますよ。

さすがです!!






お土産やさんのチョコレートもこんな缶入りでかわいいでしょ。

f0212733_1837095.jpg











あの~~わたちは・・・・

ブチッ・ブチブチブチ  おもしろくないでしゅねーーー
食べられませんから。。

f0212733_1914479.jpg





あたちのもありますか??

f0212733_1993726.jpg





ふん。。。いいです。これを食べますから。。

f0212733_19104085.jpg



ロイたんごめんよーー007.gif
せっかくのおもちゃの運命、これまでかも・・・





最後に・・・・・・・
ミシェルぱぱは、変なものを買いました。

記念に・・・・ですって。

しっかり、ワイン抜きとして使っておりましたが・・・・042.gif


f0212733_18472536.jpg

by rifimi | 2010-05-24 22:48 | コレクション

私のバイブル



f0212733_16202247.jpg



アンティーク食器好きの人に欠かせないアイテムがこれ↑




年代別のホールマークや由来、使われていたパターンが
各メーカーごとに解説されています。




f0212733_0392350.jpg







この本を買うきっかけとなったカップ

このセーブルのAナンバー作品



f0212733_0542877.jpg







f0212733_0553185.jpg



セーブルのソーサー・カップの後ろに『A』とあるのは1753年
につくられたことを意味します。
1753年というと、まだバンセンヌにあってルイ15世の保護を受け王室工場となった年です。

手元にあるだけで、時代を感じさせる一品です。








f0212733_0565962.jpg




当時の絵付け師は発色を良くするために、高濃度の鉛やカドミウムを含む絵具を使用していました。命を削って絵を描く・・というのはまさにこのことです。

高濃度鉛のおかげで、透き通った肌の感じも表現が可能です。







f0212733_0572431.jpg










セーブルのもうひとつの魅力・・・それはソーサー(受け皿)には
まったく異なった絵が描かれていることです。


多くはこのように花が描かれています。








f0212733_115589.jpg






そして、いつしか濃い藍色のものを『王者のブルー』
かわいらしいピンク色のものをポンパドール夫人が好んだことから
『ポンパドールピンク』と呼ぶようになりました。






我が家にあるアンティークセーブルを載せてみました。

数百年前に戻ってご覧ください。








f0212733_1142730.jpg





f0212733_1144943.jpg








f0212733_1155012.jpg


珍しいことにこのソーサー、紋章のような模様が描かれています。

カップの裏には何か言葉も・・・

f0212733_116171.jpg


↑これらBBナンバーは1779年作 色数をおさえた彩色が特徴











≪軟質磁器にピンク≫ポンパドール夫人好みのピンクのシリーズ


うってかわって、明彩色の作品

私の時代が来たわ

愛妾ポンパドール夫人の言葉を象徴するかのような豪華な1点






f0212733_120663.jpg





f0212733_1204088.jpg





f0212733_121286.jpg





ソーサーにまで及ぶエナメル盛

≪陶磁器の歴史≫≪権力の象徴≫≪女性の地位≫
                 
≪野望≫≪政治とお金≫あなたはこの作品に何を感じますか?



f0212733_1212078.jpg



↑『』ナンバーは1758年の作品
ヴァンセンヌにあった窯は1756年にポンパドール夫人の手によってセーブルの地に遷された。
遷移後のポンパドール夫人好みの典型的なピンク















つぎは・・・わたしがお気に入りの作品






f0212733_1283627.jpg





f0212733_1285369.jpg





絵具の入り方が絶妙。。

f0212733_1292015.jpg



ターコイズブルーに赤いビジューがとてもゴージャスです。


f0212733_1293554.jpg



↑ 『』ナンバーの作品。1764年

写真では表せないほどの細密画です








↓同じく『L』ナンバー作品1764年
周りの装飾は似ていますが、窓絵の作風が全く異なります。

f0212733_1361985.jpg




f0212733_1364161.jpg





f0212733_137287.jpg






f0212733_1371857.jpg










少し年代がずれると、装飾の技法・図柄もがらりと変化

ルイ15世スタイルの豪華な装飾・ビジューを思わせるエナメル盛はなくなり
代わって緻密な金彩幾何学模様へ049.gif




f0212733_1501032.jpg







f0212733_1504239.jpg





f0212733_1505845.jpg







f0212733_1511626.jpg



↑『1772年の作品
あきらかに、材質・彩色技法の進歩がみられます。












そして、当時の箱に入ったまま購入できた一点005.gif


f0212733_1394365.jpg






f0212733_140586.jpg






f0212733_1402540.jpg





マークが前述のものと全く違います。
このマークは1833~1899年の間
使われていたようです。
この『S76』は1876年を表しております。

















さあ、あなたの好みの一点はみつかりましたか??



f0212733_2182644.jpg
by rifimi | 2010-02-25 06:32 | コレクション
カテゴリ
最新の記事
元気です!!
at 2015-12-14 18:24
夏、泳ぎ納め
at 2014-09-20 13:54
アーティー、ネッシーになる。
at 2014-09-18 14:04
ストレスとの戦い
at 2014-06-30 22:40
HAPPY BIRTHDAY..
at 2014-03-24 08:50
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
最新のトラックバック
that guy
from that guy
click throug..
from click through ..
diy home ren..
from diy home renov..
from K's anatomy
その他のジャンル
記事ランキング
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧