K's anatomy


~趣味と犬ののほほんブログ~
by rifimi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

食べ物あれこれ

f0212733_029776.jpg


先日のポルトガル旅行・・アドラガビーチでこんな食べ物に出会いました。

動物の手のようなふしぎなもの。


一瞬、ぎゃ~~~っとのけぞりそうになりましたが、

(岸澤さんの日本語説明にまじで亀の手?と思ってしまった!)

貝の一種のようで、日本では「亀の手」とよばれているそうです。


お味は、「貝」です。(そのまま)

引っ張り出すと中身が出てきて、ぐにゃりしこしこ。





しかし、海の近くにいても私は全く知りません。

一体どの地方で食べられているのでしょう??

「亀の手」でしらべると 「 カメノテ 」
情報がたくさん。

日本でも捕れるそうです。


きっと見ていても気がつかなかっただけかも。







他にもポルトガルの食べ物のはなし・・・



ポルトガルとの貿易が許されていたころ、日本にたくさんのものが伝来されました。

「ボタン」「コンペイトウ」「カステラ」「てんぷら」「ビョウブ」

ポルトガルに行けば通用する言葉です。



今回、本場カステラをもちかえりたかったのですが、賞味期限は翌日まで

日本のカステラとは大きく違うことがわかりました。

まず、生に近いとろ~り感。 円型。 そして、甘い。。


生カステラよりも濃く甘くカスタードクリームのあま~~いバージョン?思わせるお味。



おかしはどれもこれも焼き菓子が多く、同じような味がしました。


一番おいしかったのがこれ。

↓ ベレンの塔近くの老舗。エッグタルト。


f0212733_0311861.jpg



とても素朴。でもとっても美味しい!!

f0212733_0523516.jpg


2個はいけます!

 
 中国のエッグタルトはやはりここから伝わったのではないでしょうか?

大きな違いは、 タルト地ではなく皮がパリッとしてパイ生地です。

こちらの方が美味しいような気がします。




ポルトガル菓子は焼き菓子が多く、甘くて、見た目もみんなそっくり!




↓ シントラ名物のお菓子

まるで中は「白あん」入りのパンのよう。

みんなでシェアして食べました。


f0212733_0344053.jpg





お菓子にちょっとためいきでしたが、



リスボンのホテルの朝食は違っていました。


果物が豊富!


f0212733_0394918.jpg




日本のバインベリーのようなイチゴがたくさん並んでいます。


そして、お勧めにまず「ストロベリースープ」をどうぞ、とコーヒーの前にサーブされます。


f0212733_040328.jpg



果物といっても、日本の果物のような甘さを求めてはいけません。(そうそう)



↓ 朝食
f0212733_042940.jpg






イタリアでしたらチェーン店のカフェは見られませんが、ポルトガルには日本と同じような

チェーン店カフェが見られるようになりました。(市民の反対はあっても国は承認してしまったらしい)




地元の人はやはり、昔ながらの「カフェ」に行くということで、

私たちもカフェへ。


ポルトーの老舗カフェ「マジェスティック」は相変わらず満席。(いつも満席)




f0212733_0462156.jpg






f0212733_0585116.jpg




奥の空いた席に滑り込み「アフタヌーンティー」を堪能。


f0212733_0472546.jpg





スコーンもサンドウィッチもなかなかのお味です。





素朴なお菓子を食べつくしましたが、意外なところにおいしいものはあるものです。



ミシェルパパ、海外恒例のレンタカーをハーツでお借りし高速をひとっ走り。

ポルトから1時間ほど走るとギマラシェに入ります。



f0212733_1125163.jpg





歴史の街です。ここで何気なく入ったランチのお店。

ここで食べたデザートがおいしかった。



「ナタ」デザートですがエッグタルトとは違う、アイスケーキのよう。

f0212733_19136.jpg




マンゴームースも美味です。




f0212733_191023.jpg


















量は食べられなくなりましたが、

いわしに子豚、トリペイロ(もつの煮込み)名物も一通り試食したたびでした。



しかしながら、


帰りの飛行機の中の食事をいただいて、ちょっとほっとしました。




↓ 機内食

f0212733_1212365.jpg



(それでもボリューム満点で残してしまった。。。)


f0212733_122650.jpg





好き嫌いなく、なんでも食べられることが自慢ですが、


旅先の名物ご飯は、

甘い、脂っこい、コーヒは濃い・・・・さすがに胃もたれ状態だったのです。


やはり旅には胃薬も必需品!
by rifimi | 2012-05-31 07:45 | 趣味

脱走の結末


f0212733_19273796.jpg



先月、何をやっても脱走を繰り返す「懲りない犬」のために、

我が家の一部に有刺鉄線が張り巡らされました。

ちくっと痛い思いをすれば、もう繰り返すことはないだろう!!



そんな甘さが、事件をひきおこしました。


月曜日夕方、

「白と茶色の犬が血だらけです。。前の道路で引かれたかもしれない?!」
受付に飛び込んできた情報です。。。


「轢かれた!」

白と茶色の犬!

ミシェルか!あの足の速い犬が轢かれた?

裏玄関から飛び出すと、隣の敷地との角に震えながら逃げてきた白と茶色の犬がいました。


まさしく、顔色が青くなった「ミシェル」


前足をフェンスにかけると激痛が走るようです。

通りがかりの見守っていてくれたお姉さんにお礼を言い、

抱えあげると、ポタポタと血が滴ります。

かなりの出血です。



止血してから病院へ直行。


f0212733_1933334.jpg



バリカンで毛を刈るとぱっくりと開いた傷口が出現。

傷は筋肉にまで達し、ちょうどその上にある動脈を掠めている模様。

ギザギザパックリのきずからみて、 「有刺鉄線越え」の失敗が疑われます。

動物病院の先生とミシェルぱぱ&ままはマジマジと傷口を視診し、結論に至りました。

自業自得だわ!!


さあ、一夜明けたミシェル嬢。

まだ、精神安定剤の作用が持続中。

ぼーっとふらふら。でも食欲は満点。


f0212733_1940759.jpg


目力もなく

肩身の狭さを痛感。。


傷口はこんな風になりました。



f0212733_19405570.jpg





外の世界へランデブ~~~のはずが、誰がこんな結末を想像したでしょうか??


f0212733_19461310.jpg


これで2度目のエリマキトカゲ生活。

残りあと10日。

頼むから、おとなしくしていて!
by rifimi | 2012-05-22 20:00 |

お気遣いなく?!


f0212733_22381262.png


う~ん。。かわったかな?やせた?






今日のお散歩でも体型は良くわからないけど。


f0212733_2240515.jpg



先週、フィラリア検査・予防接種もかねて、動物病院にいきました。

フィガロ19.0キロ

ミシェル 7.6キロ


あれ??

フィガロは500g増えていますが、ミシェルは1キロもやせています。

いままで8キロをきった事がないだけにいったいどうしたのでしょう。



考えられるのは、

① 連休中に預けられて気を遣った。

② 雨と雷が怖くて体重が落ちた。

③ 毎日とうちゃん、かあちゃんの夜中の散歩に付き合ってやせた。

④ 暖かくなったので自主トレに精を出した。

⑤ 噛み付いて叱られてストレスでやせた。

さあどれでしょう。



答えは、

たぶん全部です。

「まあ、お気遣いなく~」といいたいところですが

なんせ大変なびびり~なので、ひょうが降った日には大変。

ぶるぶる震えながら、ひょうを舐めていましったっけ。



今日はせっかくのお休みなので、明るいうちにお散歩をすることにしました。

二匹をつれて「ひたち海浜公園」へ。


週代わりでお花がきれいな季節です。



今週は後半のネモフィラが薄いブルーのじゅうたんをつくっていました。


f0212733_22511323.jpg







見晴らしの丘に向かうと菜の花とネモフィラの競演です。




f0212733_22522440.jpg






f0212733_2301044.jpg






ネモフィラは淡いブルーの花びらが幻想的なお花です。



f0212733_2341539.jpg





f0212733_231898.jpg








フ; ほうほう眺めがいいわね~~


f0212733_239953.jpg







ミ; そうでしゅか?花と私・・似合いますか?



f0212733_23105712.jpg






ミ; 今日は暑いでしゅねえ。

f0212733_2315047.jpg




観光バスで見学にいらしている団体さんもいて、丘を登り撮影会をしていました。


f0212733_23181445.jpg



丘の上からは太平洋が望めます。



大草原を通るころには人もまばらになり、たまごの森では草刈をしていました。

池に戻ってくると涼しい風が吹いてきます。

f0212733_2323728.jpg



来月はバラの季節でしょうか。

コスモスの時期もきれいですし、たまに昼間の散歩を楽しみたいものです。
by rifimi | 2012-05-17 23:24 |

ユーラシア大陸最西端ロカ岬へ

f0212733_1484.jpg


 ↑ かわいらしくゴージャスなシントラ市庁舎

前回つづき・・


ポルトガルの旅をきめたものの、詳細をさがすとあまり情報がないことに気づきました。

私の目的のロカ岬への近道は、電車に乗りシントラまで行き、

さらにバスに乗り換えてゆくしかありません。



ネットで探しているうちに「ようこそポルトガル」というサイトにたどり着きました。

プライベートでどこにでも行ける車チャーターのツアーや送迎から通訳まで手配してくれるようです。


ミシェルぱぱも「本当に大丈夫なの??」と疑心暗鬼ですが

早速PCで連絡をとってみました。


まあ丁寧に8時間の計画を立ててお返事が返ってきました。

まったくポルトガルに行ったことがないので現地の方のおすすめが一番です。




5/1いよいよ「ようこそポルトガル」予約の日です。

不安に駆られながらロビーから外に出ると、メルセデスが止まっていました。

運転手兼案内人のジョンさん、そして声をかけて下さったのが岸澤さんです。

以前から連絡を取り合っていたご本人が通訳として同行です。



まあなんと頼もしいというか、気さくな旅になりそうです。





出発は雨。

リスボン市内を出るころには土砂降りです057.gif


ほんとうに車をチャーターしてよかった016.gif


ジョンさんは、慣れたものでベルサイユ宮殿を模した宮殿跡や

絶景ポイントを次々と案内してくれます。


f0212733_7593615.jpg








シントラの小さな町は急な坂が多く、お店がひしめき合っていました。

降ったりやんだりの天気の中、私たちは車で王宮、ムーアの泉、ペーナ宮殿、

レガレイラ宮殿・・・etc.をくまなくまわりました。



f0212733_1912423.jpg




幸い見学している間は雨にも降られず、晴れ間も見えてきました。。。。


ラッキーーー049.gif


f0212733_1912279.jpg





この後アドラガビーチでランチをいただき「ロカ岬」へ向かいます。


f0212733_8222651.jpg


アドラガビーチのレストランは1件。

きれいな砂浜に面した絶景レストランです。

お店のおじさん、「福島は大丈夫か?」とたずねてきました。


ここに来て、原発の心配をしていただくとは・・・・日本もしっかりしないと。




ビーチは「犬禁止」です。

そういいながら、犬を散歩させていました。

犬の落し物をまったく始末しないので、犬出入り禁止になったとか。



いよいよロカ岬です。




f0212733_8414253.jpg




風が強く大きな植物が育たない岬近辺。

あの塔が目印です。


f0212733_8432677.jpg




とうとうユーラシア大陸最西端へやってきました。。。。

大西洋がエメラルドグリーンに輝いています。


世界は広い。そしてここにたどり着けたことに感動、感謝です。


f0212733_8433688.jpg





f0212733_913977.jpg






そして、オフィスに行き早速「証明書」を購入いたしました。


↓ 表紙

f0212733_8471270.jpg






なかはちょっと雑なカリグラフィーで名前が刻まれます・。


f0212733_851451.jpg



ミシェルぱぱ・・・情報では美しい文字だったよ・・・


テレビや雑誌の情報との違いにちょっと不満そうです。


一人でサインしているわけではないでしょうから、これも思い出・・・ということで

ロカ岬を後にしました。




帰りは高級リゾート地を巡り、リスボンへ戻りました。


時間ギリギリまで車を走らせて下さったジョンさん、1日お付き合いくださった岸澤さんに

感謝いたします。

みなさんもポルトガルにお出かけの前に、「ようこそポルトガル」をご覧下さいね。


私たちのお勧めです。。。
by rifimi | 2012-05-11 20:30 | 趣味

西ヨーロッパ最後の国へ



f0212733_23462529.jpg




旅からもどれば日本は大変な異常気象。

もどるなり、大粒の「ひょう」にみまわれ、庭中大小さまざまな氷のつぶが踊る事態です。


たまたまこの日はjun×2先生に2匹をトリミングに連れて行っていただいたおかげで

ひょうにもあわず、雷に打たれることもなく

フィガロ&ミシェルは無事。

かなりおびえていた様子。

人間でも家も車も穴が開くかと思うほどの横殴りのひょうでしたから、

音でびっくりしたのでしょう。



私たちがいない間に、フィガロ嬢「10歳」になりました。

おたんじょうびおめでとう067.gif


f0212733_0194059.jpg





白いものがずいぶん増えましたね。






f0212733_23465228.jpg










さて、私たち夫婦がどこへ行っていたのかというと・・・・





今年のGWは5/1と5/2の二日間を休めば巷は9連休。

我が家も土曜日は仕事をして日曜日~日曜日8連休の休暇をとりました。


行き先はスイス経由ポルトガル。

目的はリスボンの先生にお会いすること。

そしてユーラシア大陸最西端の地「ロカ岬」をたずねること。

まあ、とにかく半分仕事は忘れてゆっくりすること。

楽しく一生懸命仕事をするには心の洗濯が必要です。


(実はミシェルまま西ヨーロッパで「ポルトガル」のみ足を踏み入れていません。

これで制覇!!と意気込んでミシェルぱぱに便乗!しめしめ。)




ポルトガルまでの直行便は現在ありません。

成田を出発しスイス経由で向かうことにしました。

単純に乗り換えも間違うことなく「わかりやすい空港」というのが

選んだ理由でもあります。



チューリッヒにつくと異常な暑さです。

空港の若者はみな半そで。

体感温度は27度を優に超えています。

日本に限らず異常気象は世界的な様子。

f0212733_2472930.jpg







日差しがまぶしいチューリッヒ空港内。

f0212733_2173945.jpg



この調子じゃあ、

ポルトガルの気候はどうなんでしょう??

リスボンとポルトでは気温もかなり違うと書いてあったし。

とりあえず、ポルトガルカラーのちっちゃな飛行機に乗り換えます。

「TAPポルトガル」というのですが、TAPが何の略なのかわかりません。

みんな「タップ」と呼んでいるようです。







f0212733_2225240.jpg




小さな飛行機でスイスを飛び立てば、アルプスの山々が「絵」のように

現れます。

f0212733_2293947.jpg






f0212733_2274193.jpg






2時間半のフライト。

初めての国。ポルトガル・リスボンに到着。



むむ・・・すずしいというより寒いぞ。



約束していた日本人のKさんにお迎えに来ていただきホテルへ向かいます。

音や設備に悩まされたくなかったので、5ツ星のソフィテルを頼んでおきました。

部屋事情は調べていたものの、あまり広くはないお部屋です。

しかし、清潔感がありモダンなお部屋にはニッチがあり花が飾られていました。

ちょっと粋な計らいです。


f0212733_23375913.jpg




ここに3泊します。

初めてのポルトガルにわくわくです。


さあ、どんな街がまっているでしょう。




翌日、Kさんにお勧めの場所を案内していただきました。


最近どの国の主要都市にもある乗り放題チケットで

路面電車やバスを乗り継ぎあちらこちらへ。

 ↓ あちらこちら・・・(手抜きだわ~~)

f0212733_17551044.jpg


ジェロニモス修道院やベレンの塔・バスコダガマのいるモニュメント・ロシオ広場などなど・・・

(観光ガイド見たほうが詳しいでしょうし。)



f0212733_1755347.jpg



二人で路面電車でお城に登りました。

リスボンの街が見下ろせる絶好のポイント。

赤茶色の屋根がとても綺麗でした。

綺麗な街なのに落書きがおおくて残念。



f0212733_19472139.jpg




↑ 落書きはこんなところにも見られます。

街の名所ケーブルカー

芸術的に見えるか?落書きとして邪魔に見えるか?

それは見る人次第?というところでしょうか。






f0212733_17555567.jpg


↑ あちらこちらのなかでも、ベレンの塔は、

あたかも自分が歴史のなかに入ってゆくような雄大さ。

海との河口付近は水の流れも予測できないほどの風です。

そして、雲の流れが早く、今晴れていたかと思うと、すぐに雨。

幻想的な風景です。



坂の多い丘に登れば、

f0212733_19445273.jpg


リゾート地を思わせる建物と木々。。

わんこの散歩をしている人が多く見られます。





f0212733_23215867.jpg




ワンコの写真を撮りたいと思っても、のんびりとしている犬などいません。


なぜなら、天気の変わりやすいこの土地、足早に飼い主は犬の用を済ませ

家路につくのです。




たぶんほとんどがミックス・・だと思います。

見たことのない犬ばかり。

テリアかと思えば尻尾はコイケルのようだったり、ゴールデンかと思えば尻尾がない。

でも、どこにいってもワンコに釘付けになってしまいます。

だから、写真がない(笑)

どの国のワンコもかわいいですよね。


さて、この日はG先生にお会いし、歯科の話に花を咲かせ一日が終わりました。

いよいよ明日は「最西端ロカ岬」に向かいます。


ようこそポルトガル」との出会い編は次回に続きます。。。。。
by rifimi | 2012-05-09 00:04 | 趣味

記念日

f0212733_154182.jpg



4/26 ミシェルぱぱ&ままは◎周年の結婚記念日を迎えました。

お付き合い始めてから・・・・・と考えると

実に長い年月が経ったものです。



人の一生は、生まれて親に育てられ、親を巣立ってわが巣を作る・。

そしてまた親と同じように子育てをする。

親に育てられる年数よりも、夫婦でいる年月が長くなるのも自然の摂理のようです。


ちょうど今年は26日は木曜日。

もちろん、記念日など考えているはずもないミシェルぱぱに代わり、

今年は銀座のフレンチの王道「アピシウス」を予約しました。


f0212733_1215412.jpg






ちょっとでも、なにかサプライズとかあああ・・・・プレゼントとかあああ

ちょっとでも、今年もないの・・??


お味も雰囲気も間違いない!一流の贅沢感です。

お店のために作ったラン園から運ばれてくるランの花。

壁に飾られているシャガールの油絵。

シルバーのカトラリーに正統派純白のクロス。

アールデコ・アールヌーボー様式の家具とオブジェ。


お料理にも感動ありです。



f0212733_128559.jpg



ランチで軽めのコースでしたが、白アスパラガスのスープに始まり、

前菜は新鮮な魚介類の柑橘系ソース。

のっているのは、食用たんぽぽなんですって。

見た目は、ルッコラみたい。

メインは子羊。

最後のデザートには記念日を祝うプレートが添えられていました。



このデザートがおいしかったのはもちろんですが、

私にはもうひとつ感動がありました。


このお皿、大倉陶園の名手といわれたM先生直筆の一枚でした。




f0212733_1335690.jpg


濃淡のきいたアメリカンローズ、大倉陶園のブルーローズは有名ですが、

先生ならではの勢いのある図柄です。

私が、チャイナペインティングをしている話をすると、

もう一枚のお皿を見せてくださいました。

そのお皿には、プラチナカラーのチューリップが描かれていました。

どれも、先代の奥様がじきじきに足を向けられて描いていただいた一品なんだそうです。


そのチューリップを元にこのお皿はデザイン化されています。



f0212733_143886.jpg



ミシェルパパからの感動の一品はありませんでしたが、

私にはお皿そのものが感動の一枚でした。


今年はこれでよいことにしましょう。。。
by rifimi | 2012-05-06 22:58 | その他
カテゴリ
最新の記事
元気です!!
at 2015-12-14 18:24
夏、泳ぎ納め
at 2014-09-20 13:54
アーティー、ネッシーになる。
at 2014-09-18 14:04
ストレスとの戦い
at 2014-06-30 22:40
HAPPY BIRTHDAY..
at 2014-03-24 08:50
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
最新のトラックバック
that guy
from that guy
click throug..
from click through ..
diy home ren..
from diy home renov..
from K's anatomy
その他のジャンル
記事ランキング
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧